「ホームページを作りたい!」そう思っている人はたくさんいます。
そんな人たちのためにサーバーについて紹介します。

昔と違って誰でも簡単にホームページが作れる時代になりました。でも、ホームページを作る前にまずサーバーを借りなければなりません。サーバーはデータを保存するためのSDカードやUSBメモリのようなもの。サーバーを通して世界中の人たちがあなたのホームページを見に来ます。

「サーバーなんてどれでも同じじゃん!」そう思うかもしれないですが、実はサーバーには料金、機能、使いやすさなどさまざまなことで違ってきます。

一度サーバーを借りてホームページを作った場合、他のサーバーに移ろうとするとかなりめんどくさいです。そんな間違いをしないようにサーバーを紹介します。

レンタルサーバーの選ぶポイント

レンタルサーバー会社が多すぎて、正直どこを選べばいいかわからない人も多いはず!
いくつかのポイントを押さえれば大丈夫!

レンタルサーバーの信頼

レンタルサーバーは会社によってことなります。中にはサイトの表示が遅かったり、サイトが表示できないレンタルサーバーもあります。一概にレンタルサーバーは安ければいいというわけではありません。

レンタルサーバーの機能が充実かどうか

初めての人やあまりサーバーについて詳しくない人はどうしても、わからないことが出てきます。そこで、レンタルサーバーの中には初心者にも使いやすいように充実した機能がある会社もあります。WordPressといったものを使用してホームページを作るとなると最初のインストールがいろいろめんどくさい。しかし、会社によっては簡単にインストールできる会社があるので、そこを注意して選ぶといいかもしれません。

レンタルサーバーのサポート

レンタルサーバーを使用するとどうしてもわからないことが出てきます。そんなときに会社に連絡してきちんと問題に答えてくれるかどうかも重要です。メール対応のみの会社とメール・電話の両方の対応の会社があります。

自分の使用用途に合わせたサーバーを選んでください

kojinrank  kojinrank2

kojinrank3  kojinrank4

サーバー料金の比較表

サーバー名 初期費用 月額費用 ディスク容量 ドメイン お試し期間

 クイッカ
2000円 98円 1GB 1個 10日間


FUTOKAサーバー
6000円 1980円 10GB 10個 14日間


ミニバード
1575円 263円 50GB 50個 14日間

 さくらのVPS
1000円 500円 100GB 20個 14日間


JETBOY
無料 980円 5GB 10個 14日間


ロリポップ
1575円 263円 10GB 50個 10日間


ドメインキング
100円 263円 10GB 50個 なし


グランパワー
無料 500円 10GB 無制限 14日間


ファイアバード
1575円 525円 100GB 無制限 14日間


zenlogic
0円 2970円 100GB 無制限 14日間

エックスサーバー
3150円 1050円 200GB 30個 10日間

レンタルサーバーには共用サーバーと専用サーバーがある

レンタルサーバーには共用サーバーと専用サーバーがあるのご存じでしょうか?
一般的に料金が安いとされているサーバーは共用サーバーが多いです。料金が高いサーバーは専用サーバーとなっています。

共用サーバーのメリットとデメリット

共用サーバーとは一つのサーバーで複数の人でシェアして利用するサーバーのことを指します。
共用サーバーメリット:共用サーバーは専用サーバーに比べて圧倒的に料金が安い!!また、管理方法もサーバー会社で用意されていることが多いため、比較的に管理が楽です。

共用サーバーデメリット:複数の人で使用しているため、サーバーに負担が大きくかかります。これによってサイトの表示が遅くなったり、表示されないこともあります。

専用サーバーのメリットとデメリット

専用サーバーメリット:専用サーバーは他のユーザーを気にして使用しなくていいので、サーバーに負担がかかっても大丈夫。閲覧者が多いサイトは専用サーバーにした方がいいです。

専用サーバーデメリット:共用サーバーよりも料金が高い!サイト立ち上げたばかりの人にとっては負担が大きい。